2008年02月23日

1.個人課税と世帯課税
 日本の税制は 個人ごとの課税を原則としていますが
例外として 同一生計の親族間の 家賃や給料の支払いは
これを支払った者については必要経費に算入できず、
受け取った者はその収入がなかったものとして 
世帯単位課税を行います。

2.青色専従者給与とは
事業主が自分と生計を一にする配偶者その他の親族に
支払う給与は、事業所得の計算上、
必要経費に算入する事ができないのが原則です。
ただし、次の要件に該当する場合には、
青色事業専従者給与として必要経費に算入できます。

\朕Э醜霄圓、生計を一にする配偶者その他の親族
(年齢15歳未満の者は除く)に支払う給料である事。

△修稜朸者その他の親族が、その青色申告者の営む事業に
「専ら」従事している事。

従事した期間、労務の性質において、その労務の対価として
相当であると認められる金額であること。

だ朕Щ業専従者給与の届出書を 
適用を受けようとする年の3月15日までに税務署に提出する事。

3.青色専従者と配偶者控除
支払いを受ける給料がわずかであっても、
青色事業専従者給与の支払いを受ける者は 
その事業者や他の親族の
控除対象配偶者 又は扶養親族になることは出来ません。

4.例外と考えられる事
例えば、父親の事業に従事していた人が
結婚などにより その事業主と生計を一にしない
ご主人の控除対象配偶者に該当する事になった場合などが
例外的なケースでしょう。



hasiruzeirisi at 18:20コメント(3)トラックバック(0) 
個人事業の税金 

2008年02月18日

確定申告の時期は 2月の16日から3月の15日までです。

☆確定申告の対象者
 確定申告をする人は 以下の2つの場合があります。
  )[Г砲茲辰撞遡撹佞韻蕕譴討い訖
  義務は無いが、申告をする事により、
   所得税の還付を受けられる人。

☆確定申告をしなければならない人
 仝朕佑濃業等を行っており、納付する税額がある人
◆”堝飴瑳入がある人で納付する税額がある人
 その年の給与が2千万円を超える人
ぁ。殴所以上から給与をもらっている人
ァ‘餌臆饉劼量魄等で、その会社に不動産や資金を貸付けて、
 使用料や利息の支払いを受けている人
Α,修稜中に土地等の譲渡があった人
Аゝ詬申蠧声圓乃詬唇奮阿僚蠧世20万円を超える人

☆所得税の還付を受けられる人
 ^緡堵餽欺を受ける
◆〇損控除(災害や盗難などの損失があった)を受ける
 寄付金(対象は決まってます)控除を受ける
ぁ’枦控除を受ける
ァ―斬陬蹇璽鷙欺を受ける

平成19年分の確定申告の注意点
 ⑴ 定率減税(平成11年から続いてました)が
     完全に廃止となってます。

 ⑵ 地震保険料控除の適用開始
     19年は経過措置で 従来の損害保険料も 一部考慮あります。
     政策として 地震保険を勧めたいのでしょう。

 ⑶ 住宅借入金を有する場合の所得税の特別控除
     特例制度ができ、従来のものとの選択です。




hasiruzeirisi at 18:13コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月05日

企業にとって人材確保は 大問題です。
売り手市場と言われる昨今、
福利厚生の充実度も関心のひとつ。
中でも、社宅は、
格安家賃で住まいが確保できるとあって注目されます。

 ところで、いくら会社が気前がよくても 
家賃を「タダ」にしてしまうと、従業員には
給与としての課税がされるので注意が必要です。

 ここで、その「一定の家賃」とは、
 覆修稜度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%
12円×建物総床面積(平方メートル)÷3.3(平方メートル)
(その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%
   以上、3つを合計した金額が基準となります。

社員にタダで貸す場合にはこの基準額が給与となり、
基準額より低い金額を受けとっている場合には
基準額との差額が給与とみなされる。

 但し、社員から受け取っている家賃が基準額の50%以上なら、
基準額との差額は給与課税される事はないのでチェックが必要。

 実際には住宅手当を含めて 
会社の福利厚生を考える事になるのでしょう。

hasiruzeirisi at 15:45コメント(0)トラックバック(0) 
会社の税金 

2007年10月24日

疎纂困侶越し
 純損失が生じた場合には、その純損失の金額(一定の不動産の譲渡に関するものを除きます)は翌年以降3年間にわたって、順次各年の黒字の所得金額(一部特殊なものを除く)から差し引くことが出来ます。

hasiruzeirisi at 16:40コメント(2)トラックバック(0) 
青色専従者給与額の必要経費算入
 事業を営んでいる青色申告者と生計を一にする配偶者、その他の親族(その年12月31日で年齢が15歳未満の人を除きます)で、「もっぱら」その事業に従事している方に給与を支払っている場合には、

その給与の金額は
,修力務に従事した期間、労務の性質および労務提供の程度、
他の使用人が支払いを受ける給与の状況、世間一般のその事業における その給与の相場、
事業の種類、規模および収益の状況などからその労務の対価として相当であると認められるものについては、
その支払った金額を必要経費とすることが出来ます。

※所得税法では 家族に払ったお金は経費に出来ないというのが 大原則なのです。
 (同一生計の場合)
 これは その原則の例外規定です。
※「もっぱら」というのは 他にお勤めがあったり 学生だったりするとダメということです。

  同一生計の親族へ支払う家賃などは 経費になりません。

※青色事業専従者として給与の支払いを受ける方は その金額にかかわらず 配偶者控除、扶養控除などの対象とはなりません。

※青色事業専従者給与については、届出をすることにより必要経費に参入することが認められます。

hasiruzeirisi at 16:28コメント(3)トラックバック(0) 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.