2009年06月18日

 以前、大和ロータリークラブで大和税務署長が卓和をされ、
最近は、空き巣などの窃盗事件は減少しており、これに代わって
「オレオレ詐欺」が猛威を振るっていると述べられました。


被害救済の雑損控除
 被害額を税の負担軽減で救済しようというのが雑損控除ですが、対象となる雑損とは災害・盗難・横領を原因とするものに限られています。
詐欺・恐喝による損失は含まれていません。
それで、「振り込め詐欺」も対象外と理解されています。
 詐欺・恐喝が税の救済の対象から外れているのは、詐欺や恐喝により相手側に財物を交付させられることの一因が当事者にあるからと解されています。

「オレオレ詐欺」は横領では?
 人は、うわべで判断しやすいもの。
「詐欺」と世間で呼ぶから悪いという意見があります。

 「振り込め詐欺」の場合は、子供や孫に渡すつもりで振り込んでいるのであり、
渡された相手が子や孫ではないのだとしたら、その相手に財物の所有権は移転しない。

 通常の詐欺・脅迫の場合は、『相手』に渡す意思をもって、お金を交付します。
ところが「振り込め詐欺」では、犯罪者は振り込まれた金銭に対しては、
それを仮に預かっている状態にすぎないわけです。
そして、預かっているものを隠匿・略取することは横領にあたるのだといことです。

「振り込め詐欺」は、錯誤を誘発して横領できる条件を作り出す犯罪だと主張されています。

雑損控除の趣旨は何か!
 そもそも、雑損控除は「本人の意思に関係ない損失」による経済的な負担を、
税務面から救ってあげようと言う物ではないのでしょうか。

「詐欺」がつくと「だまされた人が悪い」と言うことになりがちですが、
冒頭で述べたように、世の中の犯罪者が、空き巣から「オレオレ」に仕事の内容を変えてきたわけです。
 犯罪被害者を税金面で救済するという法律の趣旨から言ったら、オレオレ詐欺に雑損控除の適用を認めるように、運用面での対応をすることが、合理的だと思います。



 
今日の税理士ブログランキングはこちら
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


hasiruzeirisi at 07:31コメント(1)トラックバック(0) 
生活と税金 | 個人事業の税金

2009年02月27日

確定申告真っ盛り
税理士による無料相談会場など
久しぶりに再会する税理士仲間もいます。

最近は おじさんが3人集まると 
「メタボ談義」です。

日頃、事務仕事の税理士稼業
 油断すると私もヤバイです。

メタボ検診というのが行われていますが
お腹周りを測るため というより健康診断の一環ですネ

そろそろあちこち 本気で心配という場合
人間ドックを受ける人も多い。

丸一日、場合によっては泊り込みで、身体の総点検。
「納ドック」「心臓ドック」などの精密検査も用意されていますので
場合によっては 相当な高額となります。

医療機関で診て貰って支払ったのだからと
思いつくのは「医療費控除」です。

 しかし、残念ながら、健康診断は病気の治療とは違うので
人間ドックの費用は医療費控除の対象になりません。

 ただし、例外があります。
人間ドックの結果、重大な疾病が見つかった場合で、
かつ、その診断に引き続いて治療を行った場合です。
 この場合は、人間ドックを治療に先立つ診察と捉えることが出来る。
治療につながった人間ドックの費用は、医療費控除の対象とすることが出来ます。

だけど、税金が安くなるより、無病息災がメデタイのは
 言うまでもないことですネ。

hasiruzeirisi at 11:42コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月20日

歓送迎会、花見と宴会が続き 
春は(一年中?)お酒で気が緩みがち

うっかり 財布を落としたり
 落とす人ありゃ 拾う人も。
    ・・・先日 ブログ仲間の美談を聞きました。

ところで 無粋に税務のお話。

拾ったお金を警察に届けた場合は 
落とし主が現れないと そのお金は拾った人のものになる。
去年の暮れから その期間が3ヶ月に短縮されました。

その場合は 税務では 一時所得として取り扱われます。
一時所得には50万円の特別控除があります。

  だから 世の中の
    ちょっとした「ラッキー」は
      申告しなくて済んでます( ̄ー ̄)vニヤリッ

お金を拾うのに 「かかった経費」は無いと思いますが
その年の一時所得となる金額の合計額から
「支出した金額」を指し引いて、
さらに 50万円を引いた金額があれば 確定申告をします。

この場合は さらに半分にした金額が 給与所得などと合算されて
税額計算となります。

ちなみに、落とし主が現れて「謝礼」(報奨金)を受け取る場合、
遺失物の拾得者に支払われる報奨金も 同様に一時所得となります。





hasiruzeirisi at 18:52コメント(2)トラックバック(0) 
生活と税金 

2008年03月14日

確定申告により 税金が戻ってくる人も多いです。

源泉所得税や予定納税が還付される場合
本税はもともと自分のお金ですから 儲かったわけではないですが
「還付加算金」があわせて振り込まれる場合
これは言わば 利息のようなもので 所得です。
支払いを受けた年の 「雑所得」となるので 
一応注意が必要です。

「加算」がついたとしても 庶民の場合 たいした金額ではないけど
めんどうでも 確定申告の時には 忘れないように。

もうひとつ。

還付金の受け取り方法には、
銀行振り込みと郵便局で受け取る方法の
2つがあります。

我々税理士が無料相談会場で
相談の人が還付となって 銀行口座が分からないというときは
じゃあ、家の近くの郵便局にしますか?となったりします。

郵便局で受け取る場合には、
国庫金送金通知書の発行の日から 1年を超えない日であれば、
通知書に記載してある郵便局で 還付金の支払いを受けることができます。

ただし、1年を過ぎた場合には通知書に記載してある郵便局では
支払いを受けることができなくなってしまいます。

その場合、
通知書の発行税務署に、本人確認資料(免許証など)をもって行って
再度手続きをしなければならなくなります。

さらに、
国庫金送金通知書を受けた日から 5年を過ぎてしまった場合には、
時効となってしまい、還付金の支払いを受けられなくなってしまいます。

やっぱり 貰えるものはスグ!
          がいいです。


hasiruzeirisi at 09:39コメント(3)トラックバック(0) 
生活と税金 

2008年03月13日

新年度を前に 引越しのシーズンです。

外国で働く日本人も、もはや珍しくありませんが
仕事で海外で住んでいた人が 帰国して日本の居住者になれば
これまで住んでいた 海外にある家を売却するケースが出るでしょう。

居住用の家やその敷地となっていた土地を譲渡して
利益が出た場合、一定の要件に該当すれば 
その譲渡による所得から3千万円を控除できる特例が適用できる。

ところで、ここでいう「居住用財産」は、日本国内にあるものと限られてないため
海外にある家屋や土地の譲渡にも適用が可能。

実際に この3千万円の特別控除を適用するためには 
日本国内なら 住民票や 謄本や 売買契約書をつけるのだが
海外の場合 実際に住んでいた事実を証明するための書類
例えば、公共料金の領収書などが必要と思われる。

ところで、一方
買換え・交換の特例や長期間所有の居住用財産を譲渡した場合の
軽減税率の特例については、国内にあるものに限られる。

ついでに
3千万円の特別控除を適用した場合には 新しく購入した家について
その年と前後2年間(通算5年)は住宅取得のローン控除は受けられない。



hasiruzeirisi at 09:37コメント(1)トラックバック(0) 
生活と税金 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.