2013年02月25日

鹿児島産!!

スタッフ辻井です。

週末、鹿児島の友人からこんなお土産をもらいました。

画像1

















そう
懐かしい、ボンタンアメです。
そういえば、遠足の時に用意するお菓子のラインナップに
いつも入っていたっけ・・・

「南国」と書いてあるのは知っていたけれど、鹿児島のことだったんだ
あとの2箱は、同じセイカ食品の姉妹品。
どれもオブラートに包まれた、キャラメルともソフトキャンディーとも違う
あの独特な食感が魅力の一品です

調べてみると、なんと創業は大正8年。
ふとしたアイデアからこの商品が生まれたのは、大正15年なのだそうです。
すごい歴史  発売当時は、森永のキャラメルがライバルだったとか。

原料は水飴ともち米
この会社のHPによれば、原料は全て植物性で、
『もち米は佐賀・熊本産の「ヒヨクモチ」をメインに使用』というこだわり。
どうりで腹もちが良いわけです。

パッケージにもいろいろ由来があり、特に
戦時中は、兵六餅の刀がイカンのではないか?とか、
「パンツを履かせろ!」だとか、今となっては冗談のような悶着もあったそう。
調べるとなかなか面白いです

さまざまな時代を乗り越えてきたボンタンアメ、味は今も変わりません。
もちもちした歯ごたえも当時と一緒。
グミやソフトキャンディーなどと並んで、いまだに人気がある一品

これからも末永く、愛されるお菓子でありますように

スタッフ辻井でした。



にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お願いします!!

相模原市対応の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

冨岡会計携帯サイト→http://tomi-kaikei.mobi/

hasiruzeirisi at 23:35コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by paul smith 時計   2013年10月07日 13:51
と言って時間が。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.