2015年08月31日

石巻での音楽祭

スタッフ辻井です。

先週末、宮城県は石巻へ行ってきました。

2015-08-23-10-34-17

















毎年、第4日曜くらいの時期に開催される地元のお祭り
「トリコローレ音楽祭」が目当てです。

2015-08-23-10-44-17


















町中のあちらこちらに特設ステージが設けられ、路地で、駐車場で、

2015-08-23-10-49-18


















銀行の前や、被災当時、臨時の銭湯が作られていた「千人風呂」の跡で

2015-08-23-13-20-23















等々 それぞれの場所でさまざまなパフォーマンスが繰り広げられます。

2015-08-23-12-30-28















2004年に初めて開催されてから、今年で12回目。
すぐそこが海、という立地のこの町は、東日本大震災の時、
大津波に襲われて甚大な被害を受けました。

それでも、熟考の末に2011年の夏も継続開催。
私がこのお祭りに出会ったのはその時が最初です。
それ以来、私にとっても毎年の恒例行事。
今年は5回目の参加でした。

町のそこら中でさまざまなジャンルの生演奏が流れて、
老若男女で賑わう一日。

ありし日の町の様子を知らない私から見ても、
本当にひどい状況だった2011年から比べれば、もちろん、
ある程度は生活が取り戻せた状態なのかもしれません。

バスや電車など、公共の交通機関も利用可能、
特に東京からのアクセスは複数の手段があります。
石ノ森萬画館も再オープンしているし、美味しい海の幸も!

2015-08-23-17-17-04

















でも、今も町のあちこちに、歯が抜けたような空き地や、
人が戻らず、塞がれたままの建物が残っているし、
仮設住宅住まいをせざるを得ない人たちもまだまだ大勢。

華やかにペイントが施してある仮設の商店街や

2015-08-23-11-02-40


















街角にはこんな表示も。

2015-08-23-10-37-42



















そんな中で何より大変なのは、十人十色の事情に合わせた
対応ができずに、不便な状況が打開される可能性とか
展望が見えない状態のまま、というケースが多いこと。

少しずつ復興が進んでいる、とは言っても、たくさんの
我慢を強いられている人たちがいるのに、このまま
静かに落ち着いてしまって、人々の話題にのぼらなくなるのは、
何としてでも避けないと、という思いにさせられました。

私が見聞きすることなんて、事実の何万分の一にも満たない
ことだと思うけれど、同じように停滞している町が、東北には
数え切れないほどあるのだと思うと、本当に居ても立っても
いられない気持ちになります。

「今、何が必要?」という問いに対する答えは、年を重ねるごとに
さらに多様化していくはずで、一律に何をすれば良い、という答えが
あるわけではないと思いますが、まずは自分の目で見て、知ることから。

謙虚に、向き合い続けていきたいと思った一日でした。

これは記念の缶バッジ

2015-08-23-12-58-00













人も自然も良いところです。
秋の行楽シーズン、行き先に迷っている方は北の町へ、ぜひ一度。

スタッフ辻井でした。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!


hasiruzeirisi at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
趣味その他 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.