2017年04月03日

春休み♪

スタッフ辻井です。

学生たちは春休み?
電車が空いています。
そろそろ桜も咲き始める頃、、、
毎年、花粉症でひどい目に遭うのですが、今年はさほどでもありません。
まさか、治ったかも
などと喜んでいます。

いやいや、遅いだけでこれからだよ、と友人に脅されているのですが、
果たして真相はいかに。知らないうちに体質改善ができていて、
治っていたら、本当に嬉しいのですが

さて、
子供が春休みで、お弁当もないし、と、ママ業と仕事を両立している
友人たちが遊びに来ることになりました。呑ん兵衛の多い女子会なので、
お酒にも合いそうなチョコレートケーキを作ることに

例によって美味しいカフェを経営する人のレシピをそのまま、その通り、、、
とチャレンジしたのは良かったのですが。

卵黄430g、チョコレート、総計およそ600g、、、
レシピを見た時点で気がつけば良いのに、書いてある通りに分量を買い揃えてスタート!
卵を割り始めて数分、割っても割ってもそんな重さにはなりません
だって普通の卵の黄身は、1個分で約20g程度。
結局、20個近い卵を入れてようやく、分量に到達・・・

2017-03-26-15-07-50



こんなに大量の黄身を一度に使うのは初めてです
割ってしまった以上、もう後戻りできません。

チョコレートも400gくらい、、、

2017-03-26-15-07-56



それでも、なんとかなるだろうと信じて作り続けて、、、
焼けたらこんな感じ!

2017-03-26-17-07-00


でもこれで終わりではありません。これを3枚焼いて、2等分で6枚にして、、、
完成品はこんな感じ。

image



ガナッシュとスポンジ6段重ねで、B5サイズくらいです。
私の普段の感覚では、「そんなに大きくもないし、すぐに食べ終わるかな、、、」
でした。

が!!
売っているような、と言えば聞こえが良いですが、
少なくとも私は普段、買わないようなものすごく濃厚なお味。
1度に食べるのは1cmくらいにカットしたサイズで十分、という、
良くも悪くも本格派なものができてしまいました。

image



いつもザックリと作ってムシャムシャ食べるようなケーキとは
訳が違います。一度に1cmずつでは、毎日食べても当分、なくなりません

さらに困ったのは、冷やしておかないと溶けるタイプのチョコレートコーティングを
している点。安易に外へ持ち出すと簡単に溶けてしまうのです

同じ本の中でも、普通の量しかできないレシピもあるのですが、
これは完全に業務用の分量だったみたい。

遊びに来る友人がどれくらい食べてくれるか・・・

当分は、デザートは毎食チョコレート!?
となりそうなスタッフ辻井でした。

今週もポチッとお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!

hasiruzeirisi at 06:03コメント(0)トラックバック(0) 
趣味その他 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.