ラー油

2018年08月05日

相模原市の税理士・井上です。

ボーノ相模大野に新しいお店がオープンしました。
店名は「そばたか」
IMG_2430

以前は、博多ラーメンのお店でしたが、業態を変更したようです。
IMG_2443

興味があったので、飲んだ後、寄ってました。
頼んだメニューは、もりそば(税込500円)。
IMG_2444

そばつゆにラー油が入っています。
初めての味です。
ちょっとびっくり。
IMG_2446

そばを、半分ほど食べたら、生卵をそばに絡めて、
おつゆにつけて食べてください、との説明あり。

太く腰のあるおそばなので、おつゆもそれに負けないくらい
しっかりしたものでした。


後日、かけそば(税込500円)を注文。
こちらには、ラー油は入っていませんでした。
ひと安心。
IMG_2448

卓上にある天かすを載せて頂きました。
IMG_2452


再訪。
IMG_2455

夜限定の「蕎麦屋の中華そば」(税込650円)を注文。
IMG_2459

和風だしのきいたラーメンでした。
IMG_2460

個人的には、また食べたくなるお味でした。


つい最近、顧問先の会計処理をしていると、こんな領収書が出て来ました。
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」これ、店名です。
そこで、ラー油を入れたそばが、流行っているのか、検索してみました。

こんな店名のお店もありました。
「蕎麦とラー油で幸なった。」

ここまで来て、数年前テレビで、ラー油を入れたお蕎麦屋さんの
紹介をしていたのを思い出しました。
そのお店は「そば処港屋」です。
おそらく、ラー油をいれたそば、発祥の店と思われます。
「社長・島耕作」の漫画にも登場したようです。
とんでもない行列をするお店のようです。

ラー油を入れたそがば、流行っているんですね。
ということで、再度、チャレンジ。
今度は、肉そば(税込900円)です。
IMG_2461

相模大野にも、ラー油そばが、いよいよ登場したということですね。
IMG_2462

私は、この流行に、ついていけないかもしれない。
残念なのは、メニューにライスがないこと。
ライスがあれば、天かすと卵とおつゆで、卵かけご飯を作るのに。


(おまけ)
またまた、ボーノ相模大野に新しいお店がオープンするようです。
内装工事をやってました。
IMG_2464




hasiruzeirisi at 07:00コメント(0) 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.