夏休み

2015年08月03日

スタッフ辻井です。

夏休みといえば!!

アウトドア キャンプ

というわけで、兵庫県の山中にあるキャンプ場へ行ってきました。
遊びっぱなしであまり写真がないのですが、
知人がいそいそとお鍋を出してきて、カセットコンロで
温めてくれたのは・・・


2015-07-31-15-39-26


















なんと、おでん
一番遠い季節が懐かしくなるようなメニュー選択
関西では「かんとだき(関東炊き)」と呼びます。

「暑いのに・・・」と思われるかもしれませんが、
暑い夏に、冷たいビールと一緒に食べるおでんの美味しいこと
こたつでアイスクリームを食べるのにちょっと似た、
何とも言えない贅沢な気分。
新たな発見でした。

しかしこの週末の暑さは尋常でなく、、、
無風状態では、木陰に居ても体温をゆうに超える気温が
日が暮れるまで続いて、おちおちビールばかり飲んでいるわけにも
いかないような状態でした。

ちゃんと水分補給しないと、本当に倒れそう
露店でも例年になく、ビールより先にソフトドリンクが売り切れるという
異常(?)事態でした。

これだけの暑さだと、レジャーも命がけ
水の事故も多い季節です。
遊びに行くときはぜひ、元気に、安全に、楽しく
皆様も良い夏休みをお過ごしくださーい


スタッフ辻井でした。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!

hasiruzeirisi at 06:03コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月25日

スタッフ辻井です。

夏休みに行った大分県で見た、珍しいものの話題をもう一つ。
日田(ひた)市の皿山という地域に江戸時代から伝わる焼き物の話です。

小鹿田焼き(おんたやき)というこの焼き物は、長子相続、
個人の銘を入れずに、その地域の数軒の窯元共同で
小鹿田焼きを名乗るなど、さまざまな伝統が守られている重要無形文化財。

その土は、近くを流れる川からの水の力を使って、
唐臼(からうす)と呼ばれる臼で突き作ります。
臼の部分はこんな感じ

小鹿田焼き








後ろは、こんな仕組みになっています

水の力












水がいっぱいになると重みで傾斜がつき、水がザーッとあふれて空になって
陶土の上へどすん!となる仕組みです。よくできてる!!

こんな仕組み









巨大なししおどしのように、窯元の各家から、どすん!という結構大きな音が
ずっと響き渡っていました。慣れるまでは「!事故??」と思うような音ですが、
だんだん耳に馴染むと心地よくなってくるので不思議です。

集落の真ん中あたりに共同で使うという窯が。
坂を利用して、各窯の煙が全部、上部の煙突へ流れる仕組みです。


こんな釜












博物館で仕入れた情報によれば、器を入れてから入口を泥で塗りこめ、
薪をくべて火を保ち続けるのも、これまた伝統的な手法があって手間のかかる
大変な作業なのだそう。でも、生活用の器だということで、
中には1000円に満たないような茶わんなどもありとっても安価。
驚きました。作品はこんな様子。

小鹿田焼き












へらのようなもので刻み込んだ模様や、ひしゃくで釉薬(ゆやく うわぐすりのこと)
を投げかけて、滴る模様を楽しんだりするのが特徴なのだそうです。
付近を散策すると、窯元の各家々に乾燥中の器があったり、完成品の販売が
あったり、、、同じ手法でもやはり、形や風合いなど、各家に個性があって
見飽きない面白さでした。

派手な露店が並ぶ観光スポットというのではないけれど、
地元ならではの空気が感じられる、楽しいひとときでした。
お近くへ行く機会があれば、ぜひ!

スタッフ辻井でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!

相模原市対応の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

冨岡会計携帯サイト→http://tomi-kaikei.mobi/

hasiruzeirisi at 18:32コメント(1)トラックバック(0) 

2012年08月24日

スタッフ可児です。

夏休みに福利厚生を利用させて頂いて、
家族で初島旅行に行ってきました

CIMG1742初島へは熱海から船で25分。
船を追ってカモメがどこまでもついてきます。
面白くて見ていたら
あっという間に初島に到着です



CIMG1754
初島ではホテルのプールで遊んだり
海でシュノーケリングをしたり、
SARUTOBIというアスレチックをやったりして
おもいっきり遊びました。


CIMG1769そして何といっても素晴らしかったのは
ホテルからの景色でした。
日常から解放されて至福のひと時を
味わいました。




家族に何が一番楽しかった?と聞いてみたら
長女は海でのシュノーケリング(海がとてもきれいなので青いお魚も見えました)
次女はホテルのプールとSARUTOBI
夫と私は見晴らしが素晴らしい展望温泉と美味しい海の幸、
と英気も養ってそれぞれに旅行を満喫しました。

CIMG1777
夏休みももうすぐ終わりですが
楽しい思い出ができました
心身共にリフレッシュできたので
残暑に負けずにお仕事頑張ります




にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お願いします!!

相模原市対応の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

冨岡会計携帯サイト→http://tomi-kaikei.mobi/



hasiruzeirisi at 22:00コメント(1)トラックバック(0) 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.