妙高

2017年11月06日

スタッフ辻井です。

3連休に、新潟県へ行ってきました。
新潟と言っても南の方、長野からもほど近い、妙高山の近くです。
高校時代、林間学校は妙高登山だったので、訪れる度に懐かしい風景!

もう紅葉が始まっていました。

2017-11-05-14-48-40


お天気にも恵まれて、日中はそれほど寒くはありません。
夜は、道路の温度計が4度を表示していて、もっと下がったら道が
凍るのではないかとドキドキしましたが、、、

寒暖の差が激しいから余計、綺麗に色づくのでしょう

2017-11-05-14-48-51


新潟にも美味しいものが沢山あるし、何より美味しくて種類も
多いのは日本酒
有名どころは、麒麟山(きりんざん)とか、〆張鶴(しめはりつる)とか、、、
と教わって、それ以外のものも頂いたのですが、写真はありません
飲んでばかりいたから・・・

帰り道に、長野にある大好きなお蕎麦屋さんへ立ち寄りました。
以前、このブログでも紹介したことがあるかもしれませんが、
安曇野にある常念というお店。

こちらもお庭は綺麗な紅葉

常念


お蕎麦はもちろん、新蕎麦

新蕎麦


久しぶりの常念の味、本当に美味しかったです。
蕎麦の味は人それぞれ、好みがあるとは思いますが、、、
ここの蕎麦は本当におすすめ。2枚で1人前です。
でも本気になったら倍は食べられるかも・・・

近くへお立ち寄りの際はぜひ

スタッフ辻井でした。


今週も、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!


hasiruzeirisi at 23:38コメント(0) 

2016年11月28日

スタッフ辻井です。

今月の初めに、新潟県の妙高で、こんなものをごちそうになりました。

image


ちょっと食感が普通とは違うおまんじゅう。
モチモチしているのだけれど、粘るのではなくちょっとサクサクもしているような・・・
裏を見たらこんな風に記載されていました。

image


皆さん、「山芋」の右隣の粉。読めるでしょうか?
私は読めませんでした、、、何か、山芋のようなものを意味するのだろうな、
と想像はしたのですが。

調べてみたら、
やまいも・ながいもを意味する「薯蕷(しょよ)」に用いられる字。
とありました。

同じ記載で「とろろ」と読む、と書いてあるものもあります。
それならイメージが湧きやすいですが


京都にある「薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)」は、大和芋やつくね芋を使った
饅頭だそう。これに近いのかもしれません。

なかなかの美味でした。

さて、お昼ごはんを食べようと町中を走っていて、看板に
「妙高名物!」と謳っていたので、つい入ってしまったお店は
とん汁のたちばな
妙高でとん汁が有名、というのは初耳でしたが、、、
「とん汁ラーメン」なるものもあって、カップラーメンも売っていました。
これはHPからの写真。

image


要するに、ボリュームたっぷりのとん汁にラーメンが入っていたり、
あるいはつけ麺としてラーメンがついていたり、、、というメニューです。

え〜〜
と思いましたが、食べてみると結構おいしかったです。
ラーメンと合う、というよりもとん汁自体が、味が濃いめで
美味しいというこもあるかも。

新潟の夕焼け、この時はまだそんなに寒くありませんでしたが、
もうそろそろ雪景色かも?

image



スキーシーズンにも行ってみたい!!

スタッフ辻井でした。

日本酒はもちろんお魚も美味しい妙高市、行ったことある方もそうでない方も!
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村に参加しています ↑クリック投票お 願いします!!

起業・会社設立、相続対策のご相談をお待ちしています。

冨岡弘文税理士事務所




hasiruzeirisi at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.