2011年07月04日

スタッフ辻井です。

先日、本屋でこんな本を見つけて、つい買ってしまいました。

なかなか面白い






色彩検定の、参考書。
いやいや、受験するわけではありませんが・・・

HPや会社案内、もっと言えばお客様に何かをお知らせするときの紙面だって、
簡単にカラーで提供できる時代。
デジカメで撮った写真の編集だって、私のような素人にもある程度はできてしまいます。

でも
どんな色がより 分かりやすく伝えるのに適しているのか
どんな色と色の組み合わせだと、どんな印象になるのか等々
なんとなく、日常生活のイメージでしか捉えたことがなくて、プレゼンの資料一つ
作るのにも、指標がない、もやもやした気分でいたのです。
そんな時に、たまたま出会った一冊

こういう専門書(といっても入門編ですが)を改めて読んでみると
「こういうことだったのか!」 と 目から鱗の知識満載でした
面白かった
これから、交通標識ひとつを取っても、見方が変わりそうです

ちなみに、一緒に映っているのは100円の色鉛筆とクレヨン
今後の予定や「やること」「やりたいこと」を、見えるように描いておくために使っています。
もう一歩上達すると、自分の中からアイデアを引き出す「マインドマップ」(※)に昇華できるのでしょうが・・・

まだまだ、知らなくて面白いことがいっぱい

スタッフ辻井でした

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←クリックをお願いします。

※ マインドマップ : 英国発祥の思考技術。アイデアを絵や図にしてどんどん書き出すことで、
頭の中を整理したり新しい情報を取り入れたり、相手に何かを伝えたりするためのツールです。
公式HP http://www.mindmap.or.jp/

hasiruzeirisi at 13:01コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



     
Copyright (C) Tomioka Hirofumi & PROSIDE INC. 2009 All Rights Rederved.